当院は、各種漢方薬を用いた歯科治療を行なっている口腔漢方医です。
下記症状などお口でお悩みの方、漢方を用いた歯科治療をお試しください。

ドライマウス(口腔乾燥症)

お口の渇き(水を欲する渇きと、水を欲さない乾きがある)
主な原因として、服用薬剤との関連、加齢、シェーグレン症候群や糖尿病、尿崩症、放射線被爆による障害などがあります。

口臭

口臭の原因は主に、生理的口臭(飲食、喫煙、加齢など)、病的口臭(虫歯、歯周病による細菌の繁殖、内科学的疾患・蓄膿症・胃潰瘍・糖尿病など)、自臭症に分けられます。

歯周病(歯周疾患

歯周病は歯を支えている歯ぐきや骨に炎症が起き、歯ぐきから出血、排膿、歯がグラグラします。

舌痛症

舌に異常がなく、痛みあるいは違和感を訴えるものです。

味覚障害

食物の味が薄く感じる、味が全くわからない、何も食べていないのにいつも苦い味がするなど味が分らない症状。

口内炎

一般に歯肉・頬・舌などに白色、黄白色・赤色の斑点が出来る炎症のことをいい、食事や歯ブラシの時に痛みを感じます。

なぜ漢方が口腔内にも良いのか?

体の免疫力が落ちていれば体の一部である口腔内にも当然症状(口内炎・歯周病疾患など)が表れます。現代の歯科治療は外側から治療することばかり考えられていますが、漢方で体の免疫力を高めることを同時に行うことにより、口腔疾患に良い影響を与えることに注目しています。

詳しくは、下記サイトからご覧いただけます。

[口腔漢方]日本口腔内科学研究会推薦
http://www.oralkampo.com/

漢方薬の処方例

漢方薬の処方例

口腔漢方医 口腔漢方ご相談歯科医院

日本口腔内科学会研究会

当院は、各種漢方薬を用いた歯科治療を行なっている口腔漢方医です。
口腔漢方医は日本口腔内科学研究会の会員であり、なおかつ・王 宝禮(松本歯科大学歯科薬理講座 附属病院口腔内科 教授)、・王 龍三(王 医院 内科 院長)監修の指導を受けております。

[口腔漢方医]口腔漢方ご相談歯科医院
http://www.oralkampo.com/list.html

ブログ勉強会報告

PAGE TOP