10代のみんなへ

インビザライン・ティーンは、革新的な歯列矯正です。透明に近く、目立たないのが特徴です。

10代を対象とする新しい矯正治療

  • インビザライン・ティーンは、従来の一般矯正のようなワイヤーやブラケットの装着による不快感や、見た目によるストレスを感じさせずに歯並びを矯正する、新しい歯科矯正システムです。
  • 一人ひとりの歯列に合わせて作製される透明なマウスピース型の「アライナー」を装着し、2週間※ごとに新しいアライナーに交換することで段階的に歯の矯正を行います。※交換頻度および装着時間について、主治医にご相談ください。

インビザライン・ティーンのメリットと魅力

10代のためのデザイン
10代の矯正治療におけるコンプライアンス面の課題や、永久歯が完全に萌出していないなどの課題点を考慮したシステムです。アクティブな10代の日常生活への影響を軽減します。

目立たない

インビザライン・アライナーは透明なため、装着していることがほとんどわからず、見た目によるストレスを感じさせません。

健康で衛生的

取り外しが可能なため、いつでも簡単に歯のお手入れができ、口腔内を健康な状態に保つことができます。

歯周組織を健康に保もつ

治療期間中に歯みがきやフロスを使用することで、歯周組織を健康に保つことができます

口腔内トラブルが少ない

ワイヤーやブラケットを使用しないため、口の中の違和感が少なく、矯正装置が外れてしまうなどのトラブルの可能性も少なくなります。

よくある質問

Q.従来の一般矯正と比べて、インビザライン・ティーンにはどのようなメリットがありますか?
A:矯正治療中も口腔内を健康な状態に保つことができるほか、従来の一般矯正とは異なり、普段通りに近い生活を送ることが可能です。インビザライン・アライナーは透明で目立たず、取り外しが可能なため、従来の一般矯正の場合に心配されるスポーツや吹奏楽をはじめ、10代の矯正治療におけるさまざまなデメリットが軽減されます。

Q.インビザライン・ティーンには、治療対象年齢はありますか?
A:インビザライン・ティーンは、永久歯が完全に萌出していないなど、10代の矯正治療における様々な課題点を考慮した治療システムです。(矯正歯科医の判断によっては、10代以外の方の治療にも適用される場合があります。)詳しくは、ご相談ください。

Q.アライナーを紛失してしまった場合は、どうすればよいですか?
A:アライナーを紛失してしまった場合は、すぐに担当医に連絡下さい。治療の進行状況によって、紛失したアライナーの代わりのアライナーが届くまでの間、1つ前の治療ステージのアライナーを装着するか、もしくは、次のステージのアライナーに進むかを、担当医が判断します。

Q.通院回数や通院頻度はどのぐらいですか?
A:インビザライン・ティーンは、矯正歯科医によるアライナーの調整またはメンテナンスをほとんど必要としません。そのため、通院していただく回数はとても限られています。通常、4週間~6週間に一度、または歯科医師の判断に応じて通院していただき、治療の進捗状況の確認および、次の治療ステージのアライナーを受け取ります。

Q.歯のお手入れは簡単にできますか?
A:食事や歯みがきのときはアライナーを取り外すことができるため、従来の一般矯正とくらべてより簡単に、健康な口腔衛生を保つことができます。
また、アライナーは取り外しが可能なマウスピース型矯正装置のため、従来の矯正装置のように食べ物がワイヤーやブラケットに挟まることがありません。

Q.アライナーの装着時間を守らなかった場合、治療に影響はありますか?
インビザライン・ティーンは、矯正歯科医の指導のもと、適切にアライナーを装着することで、最も効果が得られます。一般的に、食事と歯みがきの時間を除く、一日20時間~22時間アライナーを装着していただくことが最も効果的です。きちんアライナーが装着されているかを確認できるよう、アライナーにはインジケータが設置されています。インジケータは装着時間に応じて色が青から透明へと変わっていくようデザインされているため、おおよその装着時間を確かめることができます。

コンプライアンス・インジゲータ

装着時間に応じて色が変化するようにデザインされています。おおよそのアライナー装着時間を確認することができます。

ブログ勉強会報告

PAGE TOP