進行した歯周病でも歯を抜かずに治療

進行した歯周病でも歯を抜かずに治療できる可能性があります

歯周病は進行するまで自覚症状の少ない病気です。
そのため、気付いたときには病気が進行して、歯を支える歯槽骨などの歯周組織が破壊され、歯を抜かなければならない場合もあります。
歯周組織再生療法は、その名のとおり歯を支えている歯周組織を再生する治療法です。
この治療を受けることで進行した歯周病でも歯を抜かずに治療できる可能性があります。

リグロスを用いる歯周組織再生療法

リグロスの成分は細胞を増やす成長因子で、この成長因子の作用により歯周病で破壊された歯周組織の再生を促進する治療法です。
フラップ手術で、プラーク・歯石などを取り除いた後に歯槽骨の欠損部にリグロスを塗布し、歯を支えている歯周組織の再生を促します。
リグロスと同じ成分は、すでにやけどや床ずれなどの治療に使用されています。

リグロスによる歯周組織の再生の流れ

リグロスは、成長因子の作用により歯周病で破壊された歯周組織の周囲にある細胞を増やし、さらに血管を作って細胞に栄養を送り込みます。これらの作用により歯槽骨などの歯周組織が再生されます。

ブログ勉強会報告

PAGE TOP