症例集サンプル

インプラントを埋入するための部分矯正

治療法 インプラントと部分矯正
治療開始年齢
治療期間 年 ヶ月
通院回数
費用  
治療のリスクと注意点 長期的にインプラントを機能させるには、適切なメンテナンスが必要になります。

治療前・・・インプラントを入れたい場所に十分なスペースがありません。まずは、後ろの歯を動かしてスペースを広げるために部分矯正からはじめました。


治療中・・・スペースが出来ました。


治療後・・・インプラントを埋入しました。しっかり噛めるようになりました。

インビザライン

治療法 インビザライン 
治療開始年齢
治療期間 年 ヶ月
通院回数
費用  
治療のリスクと注意点 アライナーの装着時間を守らない場合は、シミュレーション通りに歯が動かない場合があります。

治療前・・・小学生の頃にワイヤー矯正をしましたが、前突感が残り、また後戻りもあり来院。他医院では抜歯を勧められたが、本人は非抜歯とインビザラインによる再矯正を希望。


治療中・・・治療中にご結婚のため、遠方に引っ越されましたが、アライナーの装着時間を守ってもらえば、通院回数が減っても、アライナーを渡す数を増やすことで治療を継続することができます。3ヶ月、通院間隔が開くことがありました。


治療後・・・非抜歯で、綺麗な歯並びになりました。


スリープスプリント

治療法 スリープスプリント
治療開始年齢 71歳
治療期間 ヶ月
通院回数
費用 万円
治療のリスクと注意点 個人差はありますが、装着後、違和感がありますので、随時調整します。

めまいがあり、眠りが浅く熟睡できないと来院。
就寝中にスリープスプリントをつけることにより、スムーズに呼吸できるようになり、睡眠の質が良くなりました。

 

 

ブログ勉強会報告

PAGE TOP